今まで皆勤賞だった娘が1日で地獄に落ちた出来事とは?JK (女子高生)のやらかし問題行動3つ。天国と地獄で学んだこと3つ。良い子は真似をしないで下さい!

子育て

こんにちは。

主婦はブラック企業だと思っている

主婦ブラのチエです。

 

今回は娘のエピソードから、親としてみなさんならどうしますか?というお話です。

本来なら許されない!

親失格!

そんな風に思うお母さんもいるかもしれません。

スポンサーリンク

皆勤賞だった娘に何が起きた?

娘は高校3年生。

幼稚園の頃からほぼ毎年、皆勤賞。

風邪1つひかない娘が、過去に学校を休んだことがあったか?私も記憶にない程です。

 

そんな娘に一体何が起きた?

 

結論から言いますと、

学校をサボって

友達と2人でJK女子旅

イベント参加の1泊ツアー

です。

 

今回の問題行動はこちら

1,学校へ嘘の欠席連絡

2,学校をサボって旅に出る

3,子供だけで1泊をする

まず、もともとは学校が終わってから(金曜日)その足で、1泊の旅に出かける予定だったとお友達のAちゃん

 

ことの発端はこちらです。↓

メインに考えていたイベントの時間変更というアクシデント。

そのため、学校が終わってから参加しても意味がないという非常事態がおきたのです。

 

そんな娘からの相談

「学校を休まないとメインのイベントに参加できない。でも学校は休めないし、、、でもせっかく宿泊まで予約してずっと楽しみにしてたのに、、どうしよう、、。」

 

母親である私は複雑、、、

 

行かせてあげたいけれど

ずっと真面目に学校生活を送ってきたのに、、、

しかもこのままいけば高校3年間皆勤賞。。

 

ブラチエ
ブラチエ

「仕方ないよ。学校を休むわけにはいかないし、また別の機会にするしかないんじゃない。」

と言いました。

 

そんな時です。

主人

「いいじゃん、学校休んで行っちゃいなよ。宿泊の予約までしたんだし。最高の思い出になるよ。」

悪魔のささやきでしょうか??

 

娘・私「え、、、ええええええ〜〜」

 

驚いたけど、すぐに私ものりました。

ブラチエ
ブラチエ

「そうだよね!こういう事のほうが、後々思い出に残ったりするもんね!だけど皆勤賞はいいの?よく考えな。自己責任で決めるんだよ。

娘に決めさせてみました。

 

「皆勤賞は別にどうでもいい。責任取れる!とります!やった〜!」

 

皆勤賞はどうでもいいらしい。。

狙っていたわけでも無く、自然と皆勤賞だっただけなので。。

 

いままでずっと休んでいないのに、

そんなもんか、、と、ちょっとビックリです。

 

 

 

そして前日、学校へ連絡

「家族の用事で、明日は学校をおやすみします。」

 

 

はい、後は楽しむだけだ〜♪

あー、私も母として、腹をくくるしかない、、。

そんな気持ちも頭をよぎりました。

(謝罪準備)

スポンサーリンク

天国から地獄へ

 

娘とAちゃんは早朝から、学校の制服を着てボストンバックをゴロゴロと鳴らし、(さっそく嫌な予感です)学校とは反対方向に歩いて新幹線に乗り、夢の世界へと旅立ちました。

 

そして現実逃避の1泊2日の旅を満喫。

永遠に終わらないでほしい時間を楽しみました。

 

 

さて、帰ってきてから、さっそく現実の世界です。

見ないようにしていた、携帯を一つ一つ見ていった娘!

 

「目撃情報多発・先生にバレた・チクリ魔は誰?」

楽しみのためにズルをしても、神様だってちゃんと見ています。

 

鳴り止まないLINE。

友達関係もごちゃごちゃしている様子で、とりあえず「天国から地獄」という心境でしょうか。

 

「月曜日学校に行きたくない!!」

もう、大ピンチ。

 

おまけにAちゃんは月曜日休みます!宣言!

 

オワタ〜〜〜。。ぴえん。

だけど自分は自分で責任を取る!といった手前、休むわけにもいきません。

 

週明け勇気をだして学校に行った娘。

 

我が娘、最強メンタル!

自分で巻いたタネだけど、流石に怖いはず!

 

娘、ガンバ!

かっこいいぞ娘!

いけないことしたのに、なぜか褒めてやりたくなりました。

 

いっぽう学校では

しっかり先生にもバレていますので、その日は娘だけが学年主任とお話。。

 

当たり前ですが

後日、私と娘、AちゃんとAちゃん母も呼び出され、「学校に謝罪」となりました。

 

学校をサボって学んだ事

それはズバリ!

人生勉強

だと、私は感じています。

 

自分たちがルールを守らなかった先にあったもの

1,学校・先生に迷惑をかける

2,友達に迷惑をかける

3,親に迷惑をかける

どこにいてもルールはあります。

学生のうちは学校のルールに従うのが規則です。

ルールを守らなかったらおおごとになって色んな人を巻き込んで、迷惑を掛けてしまうものです。

 

学校に謝りに行った時、娘の目の前で私も全力で先生方に謝罪をしました。

間違ったことをしたら「心から謝る」

それを社会に出る前に娘に教えることができたので、学校には本当に感謝です。

 

ただ、この出来事も

人生レベルの視点で考えると答えは全然違います。

1,目標のために計画を立てる

2,準備・手配をする(新幹線の手配・宿泊の手配・チケットの手配など)

3,実行して夢が叶う

自分たちの貯めたお金で計画をしてここまで考えて、実行できたことは素晴らしいことだと思います。

 

高校を卒業したらもっと広い世界に羽ばたくのだから、親がそばにいる、何かあればいつでも飛んでいける今のうちに経験したことはすごく大きな学びになったと思います。

 

まとめ

今回はただ、「学校がダルい、、、」という理由で休んだわけでは無く、

学校とイベントを天秤に掛けて娘が選んだ決断でした。

 

学生という立場なので良くない行動ではありましたが、ぶっちゃけ子供たちも一大決心で学校をサボったし、親も心配と謝罪覚悟の上、腹をくくっての出来事でした。

学んだことはとても大きかったでしょう。

そして、超〜思いでに残る出来事になったと思います!

 

娘は担任の先生に

「バレないように変装でもしていけばよかったのに、、」と笑われたそうです。

確かに

制服を着てボストンバックをガラガラ鳴らしながら逆走したらバレるわな。。笑

 

皆さんは大きくなった(高校生)お子さんに

急遽

「学校を休まないとメインのイベントに参加できない。でも学校は休めないし、、、でもせっかく宿泊まで予約してずっと楽しみにしてたのに、、どうしよう、、。」

 

と相談されたら、なんと答えますか?

 

自分のほうがもっとサボっていた!なんて人もいるんじゃないですか?

正直に手をあげて下さいね!ww

 

 

読んで頂きありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

応援よろしくおねがいします!

子育て
スポンサーリンク
チエをフォローする
主婦業はブラックだから大腸炎で入院したけど、絶対負けたくないからブログを始めた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました